英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

シャドーイング(シャドウイング)のやり方

今回は音読シャドーイングの上級版、
シャドーイングのお話をいたします。

シャドーイングは、
英語ではshadowingと書きます。

shadowのing形で、影のように追いかけるという意味です。


音読シャドーイングというのは、
私が作った造語です。

音読シャドーイングはその名の通り、
音読とシャドーイングを併せたトレーニング方法です。


では、シャドーイングとはどんなものなのか?
と言うと、

簡単に言えば、
「スクリプトを使わない、音声シャドーイング」です。

音読シャドーイングでは、
音声に併せて、スクリプトを読む作業でした。

しかし、シャドーイングでは、
スクリプトなしでこれを行うのです。

つまり、目で見た英語をしゃべるのではなく、
耳で聞いた英語をしゃべるのです。

音読シャドーイングでは、
音声に併せて読んでいましたが、

シャドーイングでは、耳で聞いたものをしゃべるので、
ぴったりと併せるのは無理です。

ちょっとだけ遅れてしゃべるような形になります。

文字で表すと、

Today, I went to the bank...
  Today, I went to the bank...

という感じでしょうか。

上が音声、下が英語学習者です。

Todayと聞いたら、即座にTodayと発音、
Iと聞いたら、Iと発音します。


音読シャドーイングと同様に、
「今聞いている英語」を真似するので、
音読よりも高い効果を期待できます。

さらに、それに加えて、
「聞き取らないとしゃべれない」ので、
「自分がどこが聞き取れないのか」がはっきりします。

さらに、「聞き取らないとしゃべれない」ので、
集中力も高まります。


しかし、とは言っても、
シャドーイングはかなりレベルの高いトレーニング方法です。

音読シャドーイングでさえ、ついていくのが大変なのに、
聞き取りまでも要求されるシャドーイングはかなり難しいです。


実は、これは元々通訳のトレーニング方法なのです。
そのため、当然レベルが高いわけです。

音読シャドーイングをある程度やった方、
もしくはスピードの遅い音声教材でやる場合にオススメします。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 効果的な音読の仕方
  • 英語をしゃべると口が疲れる?
  • 音読シャドーイング(シャドウイング)
  • シャドーイング(シャドウイング)のやり方


    AX