英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

日本人が苦手な英語の音:sとsh

日本人が苦手な音は一杯あります。
rとlの違いなんかは有名ですね。

でも、今回はあまり知られていない音を紹介します。

それはsです。


「s? 日本語のさしすせそと同じじゃないの?」

と思うかもしれませんが、ぜーんぜん違うのです。


確かに英語にはさしすせそと同じような音はあります。

ただし、それはshであって、sではないのです。


日本人からするとsheとseeは同じ音に聞こえますが、
実はかなり違う音なのです。

ではどう違うのか?


sheは日本語の"シー"でまったく問題ありません。
ほぼ100%の人がsheだと理解してくれると思います。

一方、seeのsの部分は日本語にない音を出す必要があります。

では、どんな音か?
と言うと、子供のころ紙を裂く音を真似したことがありますよね?

例えば、友達の100点の答案用紙とか大事なものを手にとって、
切り裂く真似をするようなときです。
(実際には裂かないですよ(笑)。あくまで真似です)

でも真似をするだけじゃ、音がないので何も面白くありません。
そのため、"ssssーーー"っていうような音を出しますよね。

あれがまさにsの音なんです。

日本語で書くとスィの母音を抜かしたような音です。
(あまりにスを意識するとuの音が入ってしまうので注意)

口の形を説明すると、
あごを思いっきり前に出して、舌をまっすぐに伸ばして歯につけます。
そして声帯を震わせないで息を思いっきり吐き出します。

声帯を震わせないでって言うとちょっと分かりづらいので、説明します。

声帯を震わせているかどうかはのど仏の当たりに手を触れると分かります。
声帯は母音を発音したり、濁音系の音(z、b、vなど)を発音すると震えます。

しかし、sは母音でも濁音系の音でもないので、
正しくsを発音した場合は声帯は震えません。

震えている場合は母音が入ってしまっているので、間違った発音です。

あごを前に出して、舌をまっすぐに伸ばして歯につけ、
スィを発音するような感じで思いっきり息を吐きます。
しゃべるというより息を出す感じです。

それで声帯が震えてなければOKです。
(ただ、最終的なチェックは人が実際に聞いてみないと分かりません。
 sのつもりでもshの発音になっている人はけっこういます。)


seeはそのsにイを加えればいいだけです。

sの発音は口の形によっては発音がほぼ不可能な人もいるようです。
例えば、あごの可動域が狭い人には難しいようです。

ですが、英語ではとても重要な音なので、
頑張って発音してみてください。

sit downと言ったつもりでも、
shit downって聞こえるとちょっと印象悪いですからね(笑)。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 日本人が苦手な英語の音:sとsh
  • 日本人が苦手な英語の音:f, h, b, v
  • 日本人が苦手な英語の音:rとl
  • 日本人が犯しがちなRの間違い


    AX