英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

日本人が苦手な英語の音:rとl

今回は日本人にとって一番難しいと思われる、rとlについてお話しいたします。

皆さんご存知のようにrとlは英語では別の音です。
しかし、日本語ではまったく同じ音に聞こえます。

hとfは似てはいるものの、
hははひふへほと同じ、fはふぁふぃふゅふぇふぉ見たいに発音すればけっこう違いものになります。

bとvも似ていますが、
bはばびぶべぼと同じ、
vはヴァヴィヴヴェヴォのように一応日本語で区別して書くことができます。
音もけっこう違うので、慣れればけっこう簡単です。


しかし、rとlは日本語で区別して書くことはできません。
両方ともらりるれろです(笑)。

rとlの区別がつかないのは日本人だけではないようで、どうやら中国人にも難しいようです。

私の大学時代の研究室の留学生も苦労していましたし、
海外ドラマで、中国人の英語発音をからかう場面なんかでは、
lもすべてrで発音したりしています。

あれだけ発音のバリエーションが豊富な中国語を操る中国人にも難しいのですか
ら、バリエーションが少ない日本語ネイティヴの我々には難しいわけです。

実を言いますと、
私もrとlの差だけはどうにも完全にすることはできていません。
(アメリカ人だとrの音が強いのでけっこう分かりますが、
 イギリス人の場合は厳しいものがあります。)


多くの方がlはらりるれろと同じで、rはその巻き舌バージョンだと勘違いしていますが、実はらりるれろに近いのはlではなくrの方です。

近いとは言っても、どちらかと言うとであって、
rもらりるれろとは別の音です。

つまり、日本語のらりるれろはrとlの中間にある音なのです。

聞き取りの場合は話は別ですが、
発音する場合はrのほうがはるかに簡単です。

rは要するに舌を丸めればいいわけです。

lの方は舌を伸ばして、上の歯につけて発音します。


私自身も苦労しまくっている音なので(苦笑)、この程度しか説明できませんが、試してみてください。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 日本人が苦手な英語の音:sとsh
  • 日本人が苦手な英語の音:f, h, b, v
  • 日本人が苦手な英語の音:rとl
  • 日本人が犯しがちなRの間違い


    AX