英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

英会話スクールに行く前にやっておくべきこと

英会話スクールに行く前にやっておくべきことをお話しいたします。

当サイトでもお話ししていますが、
英会話は語彙、リスニング、文法の応用分野です。

この3つが出来ていないことには英会話はできません。


まず、自分が言いたいことを英単語や熟語で表せなければ会話はできません。
したがって語彙が必要です。

では、語彙さえあればOKか?
と言うとそんなことはありません。

発音がめちゃめちゃでは相手に理解してもらえません。
そして、その発音の基礎を築くのはリスニングです。

聞き取れない単語は発音できません。
逆にリスニング力がある程度あれば、
それを真似すればいいので、
特別にしゃべる訓練をしなくても、
ある程度はしゃべれるようになります。
(あくまで「ある程度」ですが)


では、語彙とリスニングさえ大丈夫ならOKか?
というとそうではありません。

言いたい単語を知っていて、
ちゃんと発音できたとしても、
適当に単語を並べたのでは相手に意思が伝わりません。

単語をきちんとした順番に並べることで初めて相手に意味が伝わるのです。

その単語の順番を組み立てる力が文法力なのです。


それに加えて、英会話は、
自分でしゃべる「能動の場面」と、
相手の言っていることを聞き取る「受動の場面」の2つがあります。

両方に対応するためにも、
さらに高い能力が必要なのです。


もう話が見えて来たかもしれませんが、
英会話スクールに行く前に、
最低でも語彙、リスニング、文法の基礎ができている必要があります。

この3つはいずれも一人でトレーニングできることです。

私はこの3つを最低限のレベルにしてから、英会話スクールに行くことをオススメします。

具体的に言えば、

語彙は、
「基本的な単語帳を1冊終わらせること」

リスニングは、
「教材英語を使って、基礎的なリスニング力を築くこと」

文法は、
「基礎的な知識を身に付けること」

が必要です。


なお、「英会話スクールに行く前にやっておくべきこと」
として紹介していますが、

「英会話スクールに行くつもりはないけど、英会話ができるようになりたい。」

という人にも必要なことです。

要するに、
今回紹介している、
「語彙、リスニング、文法の基礎を築くこと」

「英会話のためのトレーニングをする前に必要なこと」
なのです。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 英会話スクールに行くにのはいつから?
  • 英会話スクールに行く前にやっておくべきこと
  • 英会話スクールに行く前にできることはまだある!


    AX