英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

英会話スクールに行くにのはいつから?

英会話スクールに通い始めるタイミングについてお話しいたします。

英語学習をしている理由として、
「英会話ができるようになりたいから」
という方も多いと思います。

そして、
「英会話ができるようになるには‥」
と考えると、

「英会話スクールに行く」
がすぐに思いつくと思います。


しかし、英会話スクールに行ったからと言って、
必ずしも英会話ができるようになるわけではありません。

私は昔も現在も某大手英会話スクールに通っていますが、
むしろできるようにならない人のほうが多数です。

そして、多くの生徒を見ていると、
「まだ英会話スクールに来るのには早すぎる人」
を多く見かけます。


もちろん、
英語がほとんど出来ない人でも英会話スクールに通う意味はあります。

行けばなんらかの効果はあります。

しかし、英会話スクールのレッスン料は、一般的に見て、高いですよね。


そのお金に見合う効果があるのかどうか?
と言うと、ある程度のレベルに達した方じゃないと疑問が残ります。

多くの人が勘違いしているのですが、
英会話スクールは車の教習所のように、
「何から何まで手取り足取り教えてくれる」場所ではありません。

このサイトでもお話ししたことがありますが、
ネイティヴ講師は確かに「英語をしゃべるプロ」です。

我々が自由自在に日本語をしゃべるように、
彼らも英語を自由自在にしゃべれます。

しかし、「教えるプロ」ではない人がほとんどです。
文法的な説明が出来ない人がほとんどですし、
ノンネイティヴの気持ちも理解してくれない人が多いです。


なので、私は英会話スクールはあくまで、
「ネイティヴと実際に会話する場」
であると考えています。

野球の練習で言えば、
バッティングピッチャー(試合前の練習などでバッティングの練習のためにゆっくり目の球を投げてくれる人)相手にバッティング練習をする場所です。

決して、スイングの仕方を教えてくれる場所でも、
素振りや筋トレで基礎力をつける場所でもありません。


スイングの仕方が分からない。
素振りや筋トレをほとんどしていない人がバッティングをしに行っても、
打てるわけがありませんよね。

そして、スイングの仕方、素振り、筋トレは自分一人でできることです。

まずはそれらを自分でやってから行った方がずーっと効果的ですし、
レッスン料の節約になります。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 英会話スクールに行くにのはいつから?
  • 英会話スクールに行く前にやっておくべきこと
  • 英会話スクールに行く前にできることはまだある!


    AX