英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

英語の発音に気をつけなければならない場合

「発音に気をつけなければならない場合」についてお話しいたします。

「発音に気をつけなければならない場合」
それは簡単です。

「ネイティヴが理解できない場合」
です。


国や地域によって発音が違い、
多くのノンネイティヴにも話される英語です。

発音が必ずしもネイティヴっぽくなくてもかまいません。


しかし、相手が理解してくれないとなると話は別です。

英語はコミュニケーションの手段ですから、
相手が理解してくれないと意味がありません。


まずは、本メルマガで以前にお話しした、
「日本人が苦手な音」
を気をつけてトレーニングしてください。

簡単に復習しておきますと、


1、子音のみ発音

日本語には「ん」しか子音のみ発音はないのですが、
英語には子音のみを発音する音が大量にあります。

例えば、askは日本語の感覚だと母音が3つですが、
実は1つしかないのです。
あとは子音のみ発音ばかりなのです。


2、s

「sなんて簡単やん」
と思うかもしれませんが、

sは日本人が苦手としている音なのです。

まずはしっかりとsheとseeを区別して発音できるようにしましょう。

sit down
を日本式に発音すると、
すごく変な意味になりますので、注意。


3、h, f, b, v

hとfは似ていますし、
bとvも似ていますが、英語では別の音です。


4、lとr

似た音ですが、これも英語では別の音です。

「rを含まない伸ばし音」にも注意。


この4つに気をつけておけば、
ネイティヴっぽく聞こえなくても、
相手に分かってもらえないということはかなり少なくなるはずです。

あとはネイティヴと実際に会話して、
個別に苦手な音を治していってください。


そうすれば、ネイティヴのように聞こえなくても、
発音はまったく問題ないと言えます。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 国や地域による英語の発音の違い
  • 英語の発音はどこまで気をつければいい?
  • 英語の発音に気をつけなければならない場合


    AX