英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

ネイティヴ講師はプロではない?

私は英会話スクールで多くの生徒さんとお会いしましたし、
英会話スクールに行っている、サイトの訪問者の方やメルマガの読者さんからお便りをいただきます。

残念ながら、

「英会話スクールのネイティヴ講師はプロで、彼らにまかせておけば大丈夫」

と勘違いしている方がけっこういらっしゃいます。


「英会話スクールのネイティヴ講師がプロではない?」

と不思議に思う方も多いと思います。

彼らは確かに英語を母国語としており、
英語を話すことにかけてはプロだと言えます。

しかし話せることと教えることは別です。


実はこれは我々日本人に立場を置き換えてみれば簡単に分かることなのです。

我々日本人は日本語を母国語としており、
日本語を話すことにかけてはプロです。

しかし、我々は外国人に日本語を教えることができるでしょうか?

多少はできるでしょう。
しかしプロフェッショナルと言えるレベルか?
というと限りなく100%に近い人がNOでしょう。

少なくとも私は日本語を教えられる自信はまったくありません。


私には外国人の友人が多くおり、
たまに日本語の質問をされます。

「私は昨日の昨晩にコンビニに行って来たんですよ。そしたら改善されて、すごくクリスマス的なリフォームで、ピカピカな感じで、再び来店する気持ち強いですね。」

のように彼らは意味は分かるけど微妙に変な日本語(笑)をよく話します。

どこが変な感じがするか?
自分だったらど言うか。

は教えることができます。

しかし、それがなんでおかしいの?
と聞かれると、

「何となく変な感じがする」

としか答えられません。


ましてや、この品詞は? とか、文法的には?
と聞かれるとまったくのお手上げです。

我々日本人は日本語は感覚で話せてしまうため、
そういった知識がほとんどないのです。


これが英語のネイティヴにも同じことが言えるのです。

もちろん、文学や英語教育を専攻し、
英語の知識を持っている講師もいることはいます。

しかしそんな講師はまれです。
(日本人で文学や日本語教育を専攻した人の割合を考えればすぐ分かりますよね)

なので、英会話スクール講師は英語を話すプロであっても、
英語を教えるプロではないのです。

はっきり言って、文法については生徒である我々のほうがずっと詳しいです。

形容詞と副詞の区別がつかない講師なんて一杯いますからね。
(私も日本語の文法知識はほぼゼロなので人のこと言えませんが(苦笑))


もちろん英会話スクールに行くことで、
ネイティヴの感覚に近づけたり、しゃべる機会を得ることはできます。

ただ任せっきりは危険であることがお分かりいただけたと思います。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 英会話スクールに行ってもしゃべれるようにならない?
  • 英会話は応用スキル
  • ネイティヴ講師はプロではない?


    AX