英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

英会話は応用スキル

英会話スクールに行ってもしゃべれるようにならない理由はいろいろあると思いますが、
その中でも重要な要素となっているのが。

「英会話は応用スキルである」

ということが挙げられます。

英語にはさまざまなスキルがあります。
語彙だったり、リスニングだったり。

その中でも、英会話というのは応用スキルなのです。

私は英語のスキルの基礎は語彙、リスニング、英文法の3つだと思っています。
英会話というのはその3つが出来て、はじめて出来るようになるスキルなのです。

まず語彙ですが、
単語や熟語を知らなければ相手が言っていることは理解できませんし、自分の意志を伝えることもできませんよね。

また、リスニング力がなければ、いくら単語を知っていたところで、相手の言っていることを理解することができません。
それに自分が聞き取れない音を自分で発音することは非常に困難ですから、しっかりとした発音でしゃべることもできません。

一方、英文法は一件関係ないように見えます。
日本人が英語ができない理由として、よく言われるのが、「英文法ばかりやっているからしゃべれるようにならない」と言われます。

しかし、だからと言って、英文法が重要ではないわけではありません。

リーディングをやっていて、全部知っている単語なのに文全体として何を意味するのか理解できない。
リスニングをやっていて、単語は全部知っているし、全部聞き取れたのに文全体として何が言いたいのか分からない。
なんてことありませんか?

これは文の構造が分かっていないから、文全体の意味が読み取れないのです。
では、文の構造を読み取る力は? 
そう、英文法の力です。

文法はこちらからしゃべるときにも重要です。
知っている単語をやたらめったらしゃべったって相手に意味が通じるわけではありません。
きちんとした並び順でしゃべらないとダメですよね。

このように、英会話は応用スキルなのです。
語彙、リスニング、文法が出来ていない状態で、英会話スクールに行っても、まったく無駄とは言えないまでも、非効率なのです。

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • 英会話スクールに行ってもしゃべれるようにならない?
  • 英会話は応用スキル
  • ネイティヴ講師はプロではない?


    AX