英会話上達だ!

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

kinda(kind of)

フレンズのシーズン1のエピソード1の場面から。
レイチェルは結婚式から逃げ出してきてコーヒーを飲んでいるモニカたちのところにやってくる。

レイチェル:So anyway I just didn't know where to go, and I know that you and I have kinda drifted apart, but you're the only person I knew who lived here in the city.
「まぁとにかく、私どこに行けばいいのかわからなくなっちゃって、私とモニカはしばらく会ってなかったけど、あなたがこの都市(ニューヨーク)に住んでる唯一の知り合いだから…。」

モニカ:Who wasn't invited to the wedding.
「結婚式には呼んでもらえなかったけどねぇ。」

レイチェル:Ooh, I was kinda hoping that wouldn't be an issue...
「嫌だぁ、その話にならないようにと思ってたのに。」

ここで注目はレイチェルが2回使ったkindaです。
kindaはkind ofの短縮形です。

ネイティヴが使用するkind ofは学校で習うkind ofとちょっと違います。

まずは学校で習うkind ofの復習をしておきましょう。

用法1:A basset is a kind of dog.
「猟犬は犬の一種です。」

a kind ofで"一種の"という意味です。

用法2:He is the kind of person who cleans his room all the time.
「彼はいつも部屋を綺麗にする人です。」

the kind ofで"の種類の"で人などの特徴を表すときに使います。

用法3:What kind of pants are you looking for?
「どのようなズボンをお探しですか?」

what kind of...?で"どのような…?"という意味です。

これらもよく使われる表現ですので覚えておいてください。
では復習はこれぐらいにしてレイチェルが使ったkindaに注目してみましょう。

"なんというか"とか"みたいな"という意味をぼかす用法です。言いたい単語が思い出せないときや言いにくいときに使います。

例:I'm sorry. Do you know the sunglasses you let me borrow? I.. kinda lost them...
「ごめん。この前君から借りたサングラスさぁ…。何というか…なくしちゃったんだよねぇ…。」

1年でTOEIC900の秘訣
ネイティヴもビックリ英会話

トップページ

  • work
  • You are right
  • way
  • cannot feel
  • thing
  • thing
  • thing
  • thing
  • kinda(kind of)
  • seriously?


    AX